創立130周年記念事業<東日本大震災と山形東高の生徒・同窓生の記録>

当時16才の記録1613

生徒の記録

←前のページへ

震災時の年齢16才震災時の場所自宅
         震災時の状況テレビを視聴中
性    別所   属   部ハンドボール
文 理 選 択趣味、あるいは好きなこと音楽鑑賞
  • 震災時(目安:3月11日発生の最大クラスの地震~1週間)思ったこと
    テストが終わった3月11日、私は帰宅後くつろいでテレビを見ていました。まさか巨大地震が、巨大津波が日本を襲うなんて全く考えていませんでした。家族と連絡がつかなくなり、町が停電になり…。あの一晩で電気の大切さ、ありがたみを強く感じるとともに、人間は電気が無ければ通常の生活を営むことは不可能であると再認識しました。ライフラインは必要不可欠です。何か途切れない対策を、考える必要があると思います。

  • 東日本大震災を振り返って、今、思うこと。
    震災を振り返り、テレビ等を見たり実際に感じて思ったことは、帰宅困難者が出たり、避難場所に指定されている所が津波にのまれ安全でなかったりなど、災害が発生した時の人々の動きや対応がしっかりできていなかった、または定められていなかった所が問題点だと思います。
     日本はプレートの上にあり、いつ地震が起こってもおかしくない状況なので、早急に対応策を協議すべきだと私は思いました。

  • 将来、この記録を見る人へひとこと。
    (将来の日本)へ
    原発はまだありますか。福島のような事故を二度と起こさない為にも、廃止すべきです。

←前のページへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional