創立130周年記念事業<東日本大震災と山形東高の生徒・同窓生の記録>

当時16才の記録1610

生徒の記録

←前のページへ                                 次のページへ→

震災時の年齢16才震災時の場所自宅
         震災時の状況食後
性    別所   属   部弓道
文 理 選 択趣味、あるいは好きなこと音楽鑑賞、マンガ
  • 震災時(目安:3月11日発生の最大クラスの地震~1週間)思ったこと
    震災が起こった瞬間に、今まで経験したことがない程のゆれに驚き、多少の恐怖感と震源地の場所が気になった。地震があって停電した家のリビングで携帯のワンセグで見た宮城県の気仙沼市がまるで戦争であるかのように燃えているのが頭に残っている。そして震災後に起こった福島の原発事故に最初は不安と危機感、少し経った後には政府への不信感と憤りでいっぱいだったのを覚えている。

  • 東日本大震災を振り返って、今、思うこと。
    震災が終わって1番強く感じたことは、我々日本人がいかに平和ボケしていたかということだった。また、周りの大人の受け売りであるものの、日本の中枢の腐敗を感じたのは事実だ。これから日本がどうなっていくのかが不安になる気持がある。

  • 将来、この記録を見る人へひとこと。
    (〇〇)へ
    常日頃から自分の国の将来を考えることは大事だと思います。

←前のページへ                                 次のページへ→

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional